産み分けブログが失敗より成功する方が多い理由

性別のこと

産み分け中の人や、産み分けに興味がある人が一番気になるのはやっぱり・・・

 

結果、性別判定はどうだったの?!

これですよね。

みんながどんな方法で、どこまでの産み分けをして、結果がどうだったのか?

一番重要で、気になるのはそこだと思います。

そしてみなさんのブログの経験談を読んでいると、

圧倒的に産み分け成功体験が多いことに気づくはずです。

そんな体験談を読んでいると、

産み分けの成功率がめちゃくちゃ高いんじゃないか?と思うと思います。

それを見て、私もこのやり方なら成功するんじゃないかと思ってみなさん挑戦するわけですが、本当にそんなに高い確率で成功するんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

そもそも産み分けの成功率と失敗率、その確率は?

成功ブログが多いように感じますが、産み分けの成功率は

ピンクゼリーとタイミングを使った最もポピュラーな方法で70%だと言われています。

産み分け指導で有名な杉山産婦人科が独自に調査した

過去20年間の女の子産み分けの成功率は約74%だったそうです。

杉山産婦人科でもピンクゼリーを使う方法で指導されていますので、

やはり自然妊娠で運に身を任すよりは確率は上がるので、ぜひ取り入れるべきでしょう。

⇩模倣品にご注意下さい。安心の公式サイトはこちらから⇩

成功確率の方が実際に多いから、成功体験も多いようです。

でも理由はそれだけでしょうか?

 

性別判明してから、更新されていますか?

実は密かに多いのは、ブログの更新が途中で止まっているパターンです。

産み分けをして妊娠するところまでは更新されているのに、

性別が判明したであろうところからは更新が止まっているブログは実は多いです。

希望と違う結果だった場合、いろんな複雑な思いから更新をためらう気持ちに誰だってなりますよね。

ブログから少し離れたくなる人も多いと思います。

ブログを更新し続けることは、かなりの気力と労力を要します。

途中で心が折れてもおかしくありません。

 

スポンサーリンク

 

失敗した人のブログの需要は実は多い

私のブログで一番多く検索されている記事のキーワードは

『産み分け 失敗 ブログ』です。

おそらく産み分けの成功体験の多さに、本当かな?失敗した人の経験談はないかな?と思ってこのブログにたどり着く場合や産み分けに失敗された方が、同じ経験をした人のブログを読みたい場合があると考えます。

意外にも、産み分けに興味がある人が求めている情報は、失敗の体験談なのかもしれないですね。

中には希望が叶わなかった人がその貴重な経験を、途中で辞めずに最後まで書き綴ってくれている人もいます。

私も、某ブログサイトでタイで着床前診断で産み分けをする前から数年間、渡航前から渡航中、結果をその都度ブログに記していました。

メンバー限定公開にしていたので不特定多数の人は見れないブログでしたが、もし失敗しても最後まで書き続ける覚悟で書いていました。

やはり、そのリアルな声が聞きたいと思うのです。

失敗しても成功しても。

私も包み隠さず全部が書いてあるブログがとても役に立ちました。

もし、ブログでのいろんな経験談がなければ、ただでさえ情報が少ない着床前診断で産み分けは出来なかったと思います。タイへの渡航前からずっと、先に挑戦されていた先輩方の様々なブログのおかげで異国での挑戦ができました。

その中にはもちろん一度の挑戦では叶わなかった方もいました。

それでも、その経験を発信してくださったおかげで、失敗することも覚悟の上で挑戦できました。

それって本当はすごく辛いことだと思うのです。

中には渡航した後から急に更新が途絶えて、中にはブログ自体も削除されていることもよくありました。

成功した人は、喜びが原動力になりキラキラ輝く喜びの記事を更新できますが、失敗してもなお、最後まで更新を続けておられる方は本当にすごいと思います。

そして、成功体験ばかりが多く感じるのは、

多くは成功した人しかブログを書き続けないからです!!

 

↓Miriの産み分け相談BBSはこちら↓

質問等あれば私がお返事します。

◼︎産み分け専用掲示板◼︎

 

 

 

スポンサーリンク

 

記事が参考になりましたらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村

 

 

はじめまして、Miriです。関西在住の三児のママです。
男の子2人と、女の子が1人います。100%確実な産み分けである着床前診断に出会ったことは私にとって人生の転機でしたし、実際に今娘を抱けるのは、まだ情報が少ない中で渡航し、その貴重な経験をブログという形で教えてくださった先輩方のおかげです。海外の病院のスタッフや医師、私のわがままを理解し応援してくれた家族、そして今いる3人の可愛い子供達に感謝でいっぱいです。言葉も分からない異国で、大金を使い挑むことは簡単なことではありませんでしたが、数年前の私のようにこの情報が誰かの夢のお役に立ちたい、同じような悩みを持つ方の力になりたいと思いブログを立ち上げました。

Miri@logをフォローする
性別のこと日本の産み分け
Miri@logをフォローする
Miriの着床前診断で100%産み分け Miri♡log

コメント