3人目を妊娠・出産することについての悩みや不安、また3人兄弟のメリットは・・・

今の時代、子供が3人以上いると子だくさんなイメージでしょうか。私も主人も3人兄弟で育ったため、3人兄弟って特別多くは感じないのですが、2人から3人に子供が増えることはそれなりに覚悟が必要でしたし、これから3人も大学まで卒業させてあげられるのか、経済的に大丈夫なのか、ちゃんと3人も育てられるのかと不安でしたし、決断までにたくさん悩みました。

誰しも、子供が1人増えるという責任の重さに少し躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか。それでもやっぱりもう1人欲しい!みんなさんこの不安をどうやって乗り越えましたか?

経済面や、体力面でも心配が尽きない3人目以降の妊娠について、考えてみましょう!

スポンサーリンク

3人目の妊娠や出産で不安に思うこと

子供は2人は絶対に欲しい!と思うお母さんは多いと思います。

やはり兄弟を作ってあげたいし、2人で将来も助け合って生きていって欲しいと願うものです。なんとなく一人っ子よりは、兄弟同士遊べたり不安よりメリットばかりのように感じます。

しかし、3人目を考えた時には不安に思うことの方が多くなりませんか。

その中でも一番気になるのは経済的な不安ではないでしょうか。

皆さんが思う3人目の不安についてあげてみます。

経済的な不安や悩み

一番気になる経済的な不安。2人だとそれほど気にならないのに3人になると一気に心配になってきますよね。

計画性もなしになんとなくで生んでしまうのは将来、教育費などの学費を考えると心配です。習い事も2人の時より1.5倍に増えますし、食費被服費なんかも積み重なると大きな出費になります。

ある程度の余裕や収支の計画性がある方がいいことに間違いありません。

しかし、負担ばかりではなく3人目以降の出産については自治体から手当があったり、補助金助成金がある地域もありますので、一度お住まいの市町村で確認されることをオススメします。

幼稚園や保育園での保育料の無償化・高校でも授業料が無料化されているところもあります。教育費などの学費は、子供を育てる上での支出の中でも占める割合が多いので、しっかり確認するようにしましょう。

※子育て支援は、第三子以降の妊娠について優遇されていることが多いです。

上の子との年の差や自分の年齢

やっと上の子たちが少しずつ手が離れてきたところで、また一から妊娠して子育てをすることに不安になる方も多いはず。

あまり年の差をあけすぎても、そこから赤ちゃんの育児がまた始まることに、それでいいのかなぁと、このまま2人だけを余裕を持って育てていくのも一つかもしれないと悩みますよね。

年齢が近すぎても、今の子育ての状況にいっぱいいっぱいで、さらに赤ちゃんが増えることに不安を覚える方も多いでしょう。

また、そうしているうちに自分もどんどん年齢を重ねる訳で・・・。

授かりたいなら、少しでも早く妊娠して出産してしまう方がいいのかなと悩むこともあると思います。

また、だんだんと妊娠するのに時間がかかるリスクもあります。運良くすぐに授かることができればいいですが、いざ欲しいと思った時になかなか妊娠できないかもしれないことを考えておく必要があります。

スポンサーリンク

3人を育てられるかの不安

今の状況でもいっぱいいっぱいで、怒りすぎた日は反省する毎日なのに、もう一人赤ちゃんが増えて、私やっていけるの?!と心配に思うママはいませんか?

赤ちゃんが生まれると、同時に赤ちゃんだけじゃなく上の子たちの心のケアもしないといけません。私にそんなキャパがあるのかしら・・・とこれもママが不安に思うことの一つだと思います。

3人になると、パパとママの大人の数よりも子供の数の方が多くなります。

2人だとまだ手分けして育児を協力して乗り越えられても3人だと明らかに大人の数が少なく手が足りないですよね?

近くに、実家や助けてくれる環境があれば周りを頼ることもできますが、みんながそんな恵まれた環境にいる訳ではありません。

最低でも、パパの協力は必須になってきます。

夫婦で、今後の家事や育児について話し合っておく必要があるかもしれません。

3人目がいるメリットは・・・?

ママが思う不安についてまとめてきましたが、次は3人目を作ることによるメリットについて考えてみたいと思います。

3人の子供たちがいると、大変なことも確かに多いです。気持ちに余裕がないことも正直たくさんあります。

私には3人も育てられる器なんてなかった。なんて弱気になる日だってあります。

ママだって人間です。

でも、そんなこと以上に子供が3人いる生活は、何にも変えられない魅力もたくさんあります。

子供同士の社会が多様化する

子供が2人だけだと、その関係性は、例えば我が家の場合だと

”兄と弟”のパターンしかありません。しかしここにもう一人加わることで新しい社会が飛躍的に増えるのです。

例えば・・・”兄と弟” ”兄と妹” ”弟と妹” ”兄と弟と妹”一気に子供同士の社会が出来上がるのです。これによって、子供同士の関係性が多様化し、お互いに良い刺激を与え合いながら成長することができます。

親としても、この子供同士の社会性を見守るのはとても微笑ましく、幸せを感じることのできる瞬間だと思います。

やはり生んで後悔することはない

不安もたくさんあった3人目ですが、やはり生んで後悔することはないと思います。

”案ずるより産むが易し”

本当にその通りだと思います。3人目ともなれば、赤ちゃんの扱い方にも慣れていますし、すぐに大きくなってしまうこともよく分かっているので、赤ちゃん時代を大切に過ごしたいですし、赤ちゃんの存在って本当に周りを笑顔にしてくれます。

後からやっぱり欲しいと思っても時間を戻すことはできません。

生まない後悔はあっても、生んで後悔することってないと思います。

やっぱり子は宝です。

3人の宝を授かることができることはどんなに幸せなことでしょう。

これからも、まだまだ不安に思うこともあるかもしれませんが、子供たちが3人でキャッキャと笑ってる姿を見て、本当に3人いて良かったなと思いますし、子供たちの将来がそれぞれとても楽しみです。

一番心配なのは経済面だと思いますが、”3人兄妹”お金には代えられない幸せがあります。

妊娠への近道はこちら⇨誰でもできる卵子の質を上げるために必要なたった3つのこと

SALE中!!

プチプラなのにオシャレな男の子服!

⇩兄弟おそろコーデ♡パパと息子でおそろコーデ⇩

スポンサーリンク

↓良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 男女産み分けへ
にほんブログ村