体質改善!女の子を産み分けするための食事

産み分けを考えたことがある方は、食事でも女の子や男の子を産み分けられる?!と言うことを聞いたことはありませんか?

食事は、毎日欠かさず摂るものなので産み分けのための体質改善には、取り入れやすいことの一つだと思います。

食事によって体内を、女の子が欲しい場合女性は酸性の食べ物を摂り、男性はアルカリ性の食べ物を摂るように心がけましょう。

ただ医学的な根拠は証明されていないので、少しでも成功率を上げたい方や、願掛けの意味を込めて、やれることは全部やりきりたい!と言う方はトライしてみてはいかがでしょうか?

ほんの少しでも産み分けの成功率が上がるなら、なんでもやりたい!と言う気持ちはすごく分かります。もっとあの時こうしてたら・・・なんて思いたくないですよね。

スポンサーリンク

女の子産み分けのために摂取すると良い食べ物

女の子が生まれることになるX精子が、酸性に強いと言う特性を活かした方法で、よく女性は肉類を中心とした食事にすると良いと言われています。

具体的には・・・

女性→

肉類 魚介類 卵黄 トマト りんご 牛乳 ヨーグルト ほうれん草 アスパラ ぶどう 落花生 白米 みかん パン さつまいも チーズ バター

男性→

ピーマン じゃがいも きゅうり こんにゃく ごぼう なす 乳製品 海藻類

などが挙げられますが、何よりも大事なことはバランスの良い食事を心がけることだと思います。

ここまで細かく摂取するのは難しいですが、女性は肉や魚を中心に摂ると良いと思います。

代わりに男性は、野菜を中心とした食事を心がけましょう。

女の子の産み分けにはコーヒーは我慢?

女の子の産み分けには、男性はコーヒーの摂取を控える方が良いです。これは、射精の30分前に飲むとカフェインが精子の運動を活発にさせると言われているからです。

つまり、男の子の産み分けには、コーヒーの摂取が効果的だと言えそうです。女の子希望の家庭の旦那様にはコーヒーの摂取を控えてもらうと良いでしょう。

また、妊娠を希望している女性は、カフェインの摂りすぎは着床率の低下に繋がるとも言われていますので、妊活中は過剰なカフェインは控えましょう。

ただし、妊娠には何よりもストレスが禁物です。

食事やカフェインの摂り過ぎに注意することは大切ですが、我慢がストレスになってはいけませんので、無理のない範囲で取り組んで下さい。

こちらの記事も一緒に読まれています。

日本でできる産み分けと成功率

スポンサーリンク