実際に海外の着床前診断で産み分けした費用は?〜採卵編〜


※現在タイでの産み分け目的の着床前診断は禁止されてます。私が渡航したのは禁止される前になります。

渡航準備編はこちら→実際に海外の着床前診断で産み分けした費用は?〜渡航準備編〜

さてここからは、実際にタイのバンコクで支払った金額について書いていきます。ただ当時と為替レートが違いますので、渡航の際は各自ご確認ください。

※ちなみに2017年6月6日現在1B(バーツ)=3.23円

私が渡航した時より安いので羨ましいです。ちょうど円安に傾いてきたときだったのでバーツが上がっている高い時期に行きました。泣

ただもっともっと前に行かれていた先輩は、1バーツ2.4円の時に行かれている方もいましたね。。。

おそらくネット上に総額150万って書かれているのは、本当に先駆けて行かれた先輩方の情報で当時は、着床前診断の総額と渡航費用(飛行機・ホテル)合わせて150万円ほどで行けていた時もありました。当時はPGDと呼ばれる検査で、最新のNGS検査とは少し内容が違うことも費用が上がっている原因です。この検査の違いと、バーツが安かったことが総額150万円という今より安い理由だと思います。

正直値段、どんどん上がってきていると感じています。需要がかなり多く世界各国から患者が訪れているようです。

ただ、5%から7%の割引ができる方法もあります。本気で考えている方はコメントよりご連絡ください。

スポンサーリンク

着床前診断(採卵)で実際に払った費用

採卵パッケージ費用→130,000B(医師の診察費用、内診、血液検査、顕微受精など体外受精費用)

着床前診断CGH検査(8個まで)”現在のNGS検査”→120,000B

胚盤胞凍結代金(4個まで)→20,000B

卵巣刺激の自己注射費用→50,000B

着床前診断追加検査・凍結代→350,000円(胚盤胞がたくさん出来すぎたため6個分の追加検査・凍結費用がかかりました。この代金は、帰国後に日本から海外の銀行に振り込みましたので、為替手数料や送金手数料なども含まれています)

ディスカウントも受け、当時のレートでの計算で、上記費用の総額は約120万円でした。

ただ、これは胚盤胞がたくさん出来すぎた私の場合で、通常あまり8個以上の胚盤胞ができる方は少ないと思いますので、35万円の追加費用はかかりません。

そうだとしたら、採卵だけにかかる費用は、85万円でできる計算になります。

85万円で、希望の正常な胚盤胞が確保できるなら、あまり高いと思いません。いや、高いですが保険外でこれだけの最新治療を受けるのですから決して異常に高いわけではない気がします。

85万円で夢にチャレンジできるなら私はチャレンジするのは有り!だと思っています。

もし日本で通常の体外受精するにも、5〜6個胚凍結できた場合で診察から胚移植で50万円ほどかかります。もし日本で学会認可の施設で着床前診断を受けた場合、総額50万円〜80万円ほどかかりますし、認可を受けなくても出来る神戸の病院などで着床前診断を受ける場合でも100万円以上かかります。

神戸の着床前診断を実際にされた方で通常の体外受精の費用プラス50万円から80万円の費用がかかるとおっしゃっている口コミもありました。

現在のホームページの料金体系を見てもし私が受けた場合の費用を計算してみると、検査する胚が多いので着床前診断費用だけで80万以上かかる計算でした。それプラス通常の採卵費用を足すと110万円から130万円は最低かかりそうです。

私は採卵費用に追加費用を35万円入れると約120万円でした。あれ、、、日本で着床前診断した場合と変わらないという驚きの結果になりました。

通常の場合海外での着床前診断も85万円に、移植費用約20万円、2回の渡航費用がかかりますが、あまりに非現実な金額ではないのかなと、個人的な感想です。

一度で成功するかは分からないのは、日本でも海外でも同じです。ダメだった場合は、諦めるか最初から再挑戦するしかありません。

うまくいかなかった場合のことも考えておくことが大切だと思います。

私は個人で渡航しましたがもし病院との間にエージェント業者をつける場合は、プラス15万円から20万円かかります。

もし、失敗して再挑戦する場合も少しは安くなるようですが、基本的にはまたエージェン費用がかかるようです。

スポンサーリンク

最新のバンコクでの着床前診断の費用はこちら

さて、私が受けてから数年が経ちますが、現在の費用はいくらかかるのでしょうか。

正直、この6〜7年間で少しずつ値上がりされています。ただ、日本の着床前診断で有名な病院でも値上がりしていっている現状なので、バンコクばかりが値段が上昇しているわけではありません。

採卵パッケージ(顕微授精・診察・血液検査費用)→139,000B(院長が主治医の場合)

→119,000B(その他の医師が主治医の場合)

卵巣刺激の自己注射代→40,000B〜80,000B(検査結果などから誘発剤お選びますが、個人によって誘発方法や投薬量が違うためです)

NGS検査(5個まで)→90,000B

凍結費用→15,000B

合計:264,000B〜324,000B

現在のレートから大体計算すると、日本円で844,800円から1,036,800円が基本の採卵料金になるのではないでしょうか。

※値段を確約しているわけではありませんので、もし誤差があった場合でも責任は取りかねます。

現在の料金設定と2012年の料金の違いを比較

私が渡航していた時は、採卵パッケージが130,000Bで医師によって料金が変わるわけではありませんでしたので、院長の評判が良く患者さんが院長ばかりを指名するのでしょうか。

私は、採卵・移植共に院長にお願いしましたが、診察はその他の医師が担当してくださった時もありましたが、どの先生も優しく信頼出来る医師だと思います。

またCGHの検査ですが(現在のNGS検査)、当時は、8個までが料金に入っていました。現在は5個90,000Bに変わっていますね。

そのかわり、昔は5個でも8個でも一律で120,000Bでしたので、もし検査する卵が少なかった場合、現在の方が細かい料金設定になっているので安くなりますね。

しかしもし8個検査する場合、追加費用が1個につき15,000B(当時)かかりましたので

8個で135,000Bかかるのでたくさん検査する場合は現在の方が15,000B割高になる計算です。

凍結費用に関しては、以前は4個まで20,000Bでしたが、現在は5個で15,000円とお得に変わっていますね。

少し違いはありますが、今も昔もそれほど大きく変わってはいないのではないでしょうか。

それよりも、為替レートによって左右される金額の方が大きいかもしれないですね。

この金額を考慮した上で、どの方法を選ぶのか考えてもらえればいいなと思います。

→さぁ、お次は移植費用編です。

スポンサーリンク