誰でもできる卵子の質を上げるために必要なたった3つのこと

着床前診断における体外受精で、卵子の質を上げるために自分で出来ることをまとめました。AMH検査の結果が年齢より決して良かったわけではなかった私ですが、たくさんの卵子がとれ、胚盤胞が一度で13個できた私が、実際に実践した改善方法をご紹介します!

これから妊娠したい方や、体外受精に挑戦中の方、出来ることは全部やって少しでも質の良い卵が得られるように、できる限りのことを全て実践して欲しいです。

私が本格的に取り組んだのは採卵日の3ヶ月前からでしたが、半年前からやるともっと良いそうです。例えば、よくストレスがかかると生理が遅れる…などと聞きますが、遅れたその周期に何かあったのではなく、遅れた周期のだいたい3ヶ月前に何か強いストレスがかかっていた場合が多いです。

つまり最低でも採卵から3ヶ月前の生活習慣や食生活が、実際の卵子の質に非常に大きく関わっているわけです。

そこで今回は、簡単に毎日続けられる、3つのことを紹介します。

スポンサーリンク

1.卵子の質を改善!まずは毎日飲むお茶から

卵子の質を上げるためにまずは、毎日の生活で取り入れやすい”飲み物”から変えて行くことをオススメします。これは購入するお茶の葉を変えるだけなので、手軽に、今すぐ出来る体質改善なので、妊娠を望む女性の方は、ぜひ取り入れて欲しいと思います。

私も、3人目が欲しいと思った時から、ずっと飲み続けています。

私はルイボスティーを飲んでいます。ルイボスティーは妊活をしてる人には有名なのでご存知の方も多いと思いますが、本当にオススメです。味もそんなに変わった風味じゃないので、パパや子供たちもグビグビ飲んでくれています。

子作りをするかまだ迷っている方にもオススメです。美容や冷え性や、便秘の改善など女性にとって嬉しい効果がたくさんあるのです。

卵子は、年齢に比例するとAMH検査って何?費用や基準値が知りたい!!でもお伝えしましたが、卵子は日々、老化が進む一方です。しかし、ルイボスティーの一番の効能に

”抗酸化作用”があるのです!!人間は、酸化することで、老けていくのですが、ルイボスティーは老化を防ぐ効果があります!ノンカフェインなので私は次男妊娠中から産後の授乳期にもおっぱいの出がよくなるので飲んでいました。

おかげで、長男はミルクと混合授乳だったのに、次男の時は、完全母乳で卒乳まで過ごせたのも、嬉しい効果でした。活性酵素によって卵子の老化を少しでも防ぐことは、妊活にとっても大切なことだったと実感しています。

ルイボスティーの主な効果をまとめてみました。

◆活性酵素による美肌・アンチエイジング効果

◆白髪予防・改善

◆不妊症の改善

◆冷え性の改善

◆体臭・加齢臭の軽減

◆二日酔いの帽子

◆花粉症の軽減

◆代謝を活発にする効果

妊娠に一番大切な『卵子の質を上げる』ためにぜひ取り入れてください。

ただルイボスティーならどれでもいいというわけではありません。茶葉の種類やランクによって味や品質に違いがあるので注意してください。母体が摂取するもので、全ての細胞が作られます。粗悪な商品にお気をつけください。いろんなルイボスティーを試しましたが、オーガニックで高品質、何より味のバランスが良くこちらのルイボスティーがおすすめです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
高品質の安心のルイボスティーはこちら

スポンサーリンク

2.ビタミンEとCの摂取

葉酸などは、非常に有名ですが、意外と知られていないのが、ビタミンEの摂取です。大金を使って治療するわけですので、サプリメントについても調べて調べて調べ尽くしました。

バランスよくサプリを飲むのは、もちろんですが、その中でもビタミンEの摂取の重要さに気づき毎日欠かさず飲みました。ビタミンEについてはみなさんにどうしても摂取して欲しいので詳しくは、関連記事に書きますが、ビタミンEは、『若返りのビタミン』と呼ばれており、強力な抗酸化作用があり、体の細胞を活性化させ、細胞を若々しく保つ働きがあります。女性ホルモンのバランスも正常にしてくれますので、不妊症の改善効果や流産防止、着床に大切な内膜をふかふかにしてくれるまさに妊活のサプリです。着床時に重要な子宮内膜の厚さにも改善効果があるため採卵だけでなく、移植にも効果が期待できるので妊活必須アイテムです。

そして、大切なのはビタミンEと同時にビタミンCを摂取することです。この組み合わせは最強です。同時に摂取することで相乗効果で効果がさらに上がります。逆にいうと一緒に摂らないと効果は半減してしまいますので、必ず一緒に摂取して欲しいビタミンです。ビタミンEは活性酸素と結びついて細胞を酸化から守った後は、無力化してしまいます。これを防ぐのがビタミンCなのです。ビタミンEはビタミンCのおかげでまた元気に働くことができます。

自分でできることって少ないのでここは必要な投資だと思い、サプリは本当にこだわって選びました。

ビタミンEとビタミンCの強化のために作られた私が探し求めていたサプリがこちら↓

↓↓↓↓公式サイトから購入できます↓↓↓↓

天然フルーツカムカムのビタミンCに子宝ビタミンEをプラス!卵子の質に必要なビタミンはこちら!

このビタミンEとビタミンCが強化されたサプリと、基本となるその他のマルチビタミン、葉酸、マカ、ミネラルをバランスよく摂取してください。

全ての種類を一つずつ、購入してたくさんのサプリを最初は飲んでいたのですが、忙しい朝に何種も摂取するのは大変です。中には、粒が大きい物もあり喉につまる感じが気持ち悪かったりしますよね。そして、成分にこだわって何種類も購入すると、かなり高額になります。また違うメーカーのサプリを何種類も飲むのは、飲み合わせが悪くないか、過剰摂取してしまっている栄養素がないか心配だったのですが、それを解消してくれたのが、こちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

公式サイト限定で数量限定キャンペーンしている今がチャンス!

makana

なんと50種類以上の栄養素が管理栄養士監修のもと考え抜かれたバランスで配合され、高品質な日本産マカや、厚労省推奨の葉酸、ルイボスティー、卵子の質(特に高齢が原因での卵子の老化)の改善に良いとされるDHA・EPAが配合されているのもポイント高いです。もちろん鉄やビタミンEやCも配合されています。マカも含まれているので、私は主人にも摂取してもらっていました。主人は、採精前の1ヶ月だけですが、後悔したくなかったので、少し高いですが、必要経費としてサプリはこだわって飲みました。

一番のおすすめは、お茶をルイボスティーに変えて、ビタミンEとCの強化サプリと、マカナを飲むのが一番完璧で最強だと思います。

でも全部できない方はマカナにもビタミンEとC、その他大切な栄養素がバランスよく含まれているので、マカナだけにされるのも一つです。

卵子の質の向上にこだわりたい方には、EとCが強化された『カムカム』もぜひ一緒に摂取して頂きたいです。実際に、採卵し、効果を実感したので、自信を持って勧めたいです。

3.卵子の質を上げる食べ物をできるだけ摂取する!

そして、毎日の食事に意識して、良い卵子を作るために意識して食事に取り入れました。

卵は毎日最低、1個以上は必ず食べました。朝ごはんに目玉焼きを焼いてパンに乗せて食べました。全卵使用のマヨネーズをかけるとさらに良いです。マヨネーズにも卵が使用されていますし、ビタミンEも入っているのでおすすめです。

鶏卵だけでなく、魚卵も意識して摂取しました。ししゃもや、たらこも意識して食卓に取り入れましたし、あとは豆製品です。きな粉や、お豆腐、黒豆は毎日のように食べました。

自分の好みの範囲で、無理なく続けられる範囲で、基本のバランスの良い食事にプラスして、卵子の質を上げる食べ物を取り入れて欲しいです。

卵子の質を上げるために、良いとされる食材をまとめておきます。

①タンパク質・・・卵、魚、豚肉、しらす、イワシなど

②鉄分・・・きな粉、納豆、あさり、しじみ、レバー、ほうれん草、小松菜など

③ビタミンE(若返りのビタミン)・・・卵(卵黄)、アーモンド、ピーナッツ、しいたけ、赤ピーマン、アボカド、かぼちゃなど

④亜鉛・・・里芋、カキ、ホタテ、チーズなど

⑤葉酸・・・ほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、春菊、レバーなど

⑥ビタミンA・・・うなぎ、ほうれん草、レバー、卵など

⑦カルシウム・・・チーズ、牛乳、ヨーグルト、大根の葉、小魚など

まとめ

規則正しい生活と、バランスの取れた食生活は基本として、ストレスをあまり溜めないように、穏やかに過ごせるように心がけましょう。基本の食事に自分が取り入れやすい食材をプラスして、今食べているものが卵子の細胞を作るんだと意識して生活しましょう。

うまくサプリを利用して、体質改善や卵子の質の向上に繋がるようにできる限りのことをやりましょう。

スポンサーリンク