病院に連絡を取ってみよう!子供はどうする?連れて行く?

海外で実際に産み分けをしましたが、渡航前に準備が必要です。私はエージェントを通さず、クリニックに直接連絡を取りました。日本語対応のスタッフの方が担当してくれますので、質問があれば、メールで聞きました。返信はすごく早い時もあれば翌日になることもありましたが、大体は当日中に返事してくれます。時差は2時間あります。(日本が朝8時だと、タイは朝6時です)

また子供がいる方は、渡航時に海外まで一緒に連れて行く?それとも誰かに預ける?子連れでタイって大丈夫?心配ですよね。私が実際にどうしたのか、参考にお答えします。

スポンサーリンク

クリニックに連絡してみよう!

まず、最初に行ったことはクリニックに連絡を取り、質問したいことを聞きました。

私は、費用と、成功率を聞きましたが、エージェントを通した場合と通さなかった場合でも費用に変わりはありませんでした。エージェントを通す場合は各社設定されているエージェント費用が純粋にかかりますが、私はクリニックのスタッフに直接連絡を取っていたので通訳などに費用は必要なかったです。

事前に検査したAMHの結果を伝え、過去2ヶ月ほどの生理日を伝えます。希望の採卵日を伝えると、ピル服用や薬の服用のタイムラインが送られてきます。

あとは、タイムラインに従って進めていきます。ただ、注意点としては、日本人じゃなく、タイ人の女性が対応されますので、お国柄、日本のようなカッチリとしたビジネスメールではないです。少し変な日本語の使い方がたまにあったり、例えば3つ質問しても2つしか返事してくれなくて、その抜けた1問を再度聞いたり…ということはあります。そうゆうことに不安や不満を感じる方は、日本にエージェントがいくつかありますので、エージェントを通された方がいいと思います。(現在産み分け目的でのタイで着床前診断は禁止されています)

スポンサーリンク

子供はどうしよう…連れてく?預ける?

事前準備の一つに、子供を連れていくのか預けるのか悩みました。結果的に我が家では、これを家族旅行にしよう!!ということになったので、家族4人分の航空券とファミリーホテルを予約して、金曜の夜、上の子の学校が終わってから深夜便にて渡航し、月曜だけ学校を休ませました。下の子は、未就学だったので気軽に連れて行けますが、学校を休ませるのは苦渋の選択でした。長期休暇に行くことも考えましたが、家族4人、、高い!!そして、子供の体調不良や、もし直前に何かあってもしキャンセルになっても大丈夫なように渡航の1ヶ月前くらいに予約したいので、長期休暇は予約がいっぱいで取れないことも、通常の週末に行った理由です。

子供は、2歳から航空券の座席料金がかかるので、下の子が2歳になるギリギリ前に採卵日を設定し、少しでも節約できるところは、節約しました。

また、タイのホテルは、日本のように、大人が何円で子供は何歳からいくらかかる〜というシステムではなく、一部屋で何円って決まっているので、どうせならいいホテルに泊まって、家族旅行の思い出になればいいなと思い家族全員で渡航することに、決めました。

もし、親などに預けて行く場合、さすがに海外に黙って行くわけにもいきませんし、もし黙って行って子供に何かあった時を思うと、安心して渡航できないなと、思いました。

実の両親にも、義理の両親にも、親友にも、誰にも相談せずに行きました。

本当に夫婦二人だけ、墓場まで持って行く覚悟で、周りにはあくまで家族旅行で、と統一しました。まあ、嘘ではないしね。。。

両親に話すか迷いましたが、心配させるだけだと思い、内緒にしておきました。

私の海外での産み分け仲間の中には、3泊4日の休みをご主人が取れない場合や、ご両親に相談されて子供を預かってもらえる環境の人は、夫婦のみ、もしくは先に奥様が渡航されて、遅れてご主人が土日だけ滞在される方もいました。

2歳にならない子供を連れての渡航は不安もありましたが、深夜便ということもあり、泣いたりすることもなく機内ではずっと寝てくれたので助かりました。私と主人で、交代で膝に抱いた過ごした約6時間の渡航は、いい思い出です。

上の子は、旅行自体より、飛行機に乗ってDVDを機内で好きなだけ見たことが、一番の旅の思い出だそうです。

クリニックは、日本のように病院という感じは全然なく、看護師の方も白ではなくて可愛い制服を着てるので低学年の上の子は病院だと気づいていませんでしたし、採精の時以外は、主人がホテルで子供と待っていてくれたり、クリニックが入っている商業施設でブラブラして待っててくれたり、スタバやマクドも入っているので、時間潰しに問題はないと思います。

ホテルのプールで泳いで待っていたり、子供も退屈せずに過ごせます。またバンコクの中心地にあるので、セブンイレブンで日本のお茶も買えますし、ショッピングしたり楽しく過ごせました。

またクリニック内にお子様を連れていらっしゃる方もいますので、一緒に病院にいくこともできますが、診察を受ける際には、パパに見てもらっておくと安心してゆっくり治療を受けられますね。でも採卵中や移植中は、子供は誰かに見てもらいましょう!

スポンサーリンク