着床前診断

着床前診断

着床前診断で産み分けで一番辛かったこと

海外での100%確実な産み分けである着床前診断ですが、その中で一番辛かったことを振り返りたいと思います。 費用が高額なことや、失敗のリスク、慣れない海外での治療、辛かったことはいろいろあります。 着床前診断での最大のデメリットは...
着床前診断

着床前診断で産み分け、費用のこと。

着床前診断で産み分けにかかった費用はこちらにまとめていますが、 (関連記事:実際に海外の着床前診断で産み分けした費用は?〜採卵編〜) もし、海外で産み分けしようとして、一番ネックになるのはやはりお金のことではないでしょうか? ...
着床前診断

♢着床前診断してまで産み分けして女の子を産んだ感想♢

現在産み分け目的のバンコクでの着床前診断は禁止されていますが、禁止されるより前に渡航しています。 私は数年前に、タイのバンコクで100%の産み分けである着床前診断を行いました。 着床前診断体験記:着床前診断で産み分け”採卵編”〜...
体外受精

驚きの事実!!着床前診断しても妊娠率は上がらない?!

着床前診断で産み分けするには、妊娠するまでにたくさんのステップがあります。 採卵⇨採精⇨受精⇨胚盤胞まで培養⇨異常の有無(性別)⇨移植⇨妊娠⇨出産 通常の妊娠とは違い、確実に正常卵を移植できるので、その分妊娠率は高くなりますが、...
着床前診断

着床前診断で産み分け『成功しやすい方のたった3コの特徴』

※現在タイのバンコクにて産み分け目的の着床前診断は、タイ国内で法規制されています。私が渡航したのは、法規制される前です。 詳しくはこちらをご覧ください→2017年現在タイでの産み分けはできるのか 私が実際に着床前...
着床前診断

私が100%確実な産み分けである着床前診断を選んだわけ

着床前診断での産み分けは、100%確実に希望の性別の子を産み分けられますが、 失敗するリスクや海外での治療・高額の治療費に不安な要素も多いのはご存知の方も多いですよね。ハイリスク、ハイリターンであると私も感じています。当時は今...
体外受精

胚盤胞のグレード別妊娠率と受精卵の成長スピードによって性別が分かる?!

胚盤胞移植とは受精後、初期分割胚→桑実胚→胚盤胞の順番に細胞分裂するのですが、子宮内膜に着床寸前の状態まで育った胚盤胞の段階まで培養したあと子宮に戻し、妊娠を試みる方法です。 胚盤胞まで育つには、受精後5日から6日目かかります。稀に7...
着床前診断

[最新情報!]着床前スクリーニング”神戸の医師に処分検討”

不妊治療における体外受精で、受精卵の染色体異常を検査する”着床前スクリーニング”を、日本産婦人科学会の禁止に反して学会の承認無しで独自に実施している神戸の医師に、学会が処分を検討しているという通告したことがわかった。 かねてか...
着床前診断

着床前診断の種類と流れ

着床前診断には、着床前遺伝子診断(PGD)と、着床前遺伝子スクリーニング(PGS)など、数種類の検査があります。現在の一番最新の検査方法だと、CGH法から2013年頃にNGS法に変わりました。神戸の某病院でも現在はNGSが行われています。こ...
海外の産み分け

タイのバンコクで産み分け*医療技術や衛生面は?

※2014年タイで代理母出産、卵子提供、男女産み分けが軍事政権により法律で禁止されました。私が渡航したのは禁止される前です。 タイのイメージってどんなイメージですか?像??タイ料理??ニューハーフ?? 微笑みの国、タイのバンコク...